新規ブック
14/16

紙の種類 大きく分けてシールの素材は紙製とフイルム製の2タイプあり、ご使用環境によって変わります。例えば、屋外に貼られる場合、雨に濡れても大丈夫なフイルムタイプの素材を使う必要が考えられます。また、シール自体に色がついている素材を使いますと、1色刷りでも2色使ったようなイメージになったり、和紙素材を使うことで全くイメージの異なったシールを作ることができるかもしれません。 紙素材とフイルム素材の特徴と種類を簡単にまとめました。 特徴 紙素材 フィルム素材 長所 素材の種類が豊富にあり、糊の種類も対応が多く、比較的低価格でシールを製作することができます。 素材自体が破れにくく、光による変色が少ないので、屋外での使用に最適です。また、糊との組み合わせも豊富にあります。 短所 水に弱く破れやすい、耐久性に劣る。 材料費が高価なため、単価が高くなります。 紙素材の種類と特徴 上質紙 表面加工のしてない素材で、厚みは55ミクロンが主流です。他に70・90ミクロンがあり、糊との組み合わせも豊富にあり、バリエーションとして色上質紙があります。 アート紙 上質紙の表面に顔料をコートした紙で、表面にツヤがあり、印刷、加工に優れています。糊との組み合わせも豊富にあります。 ミラーコート紙 アート紙よりも、さらに表面のツヤと平滑性があり、カラー印刷などに優れています。糊との組み合わせも豊富で、他に色ミラコート紙があります。 フォイル紙 色紙の金・銀色をシールにしたような素材でどちらも「ツヤあり」「ツヤなし」があります。 クラフト紙 包装紙や紙袋などに使われる、クラフト紙(茶色の素材)がシールになったイメージで色の濃淡で種類があります。 和紙 和紙素材のシール紙で、白の無地や金・銀箔の入ったもの、表面に凹凸のある素材などがあります

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です