新規ブック
12/16

ラミネート OPP、PETなどのフィルムに接着剤を塗布し、熱プレスして貼り合わせます。主に本の表紙や商品パッケージなどのつや出し・つや消しや、表面保護を目的としています。 プレスコート 熱硬化する樹脂を印刷面に塗って、熱と圧力をかけ冷却することでツヤを出す加工方法です。スポット加工も可能で、名前欄だけ加工を省いたり、箱などの「のりしろ」部分を避けて加工したりもできます。 ニス 印刷した後に、色落ち防止やツヤ出しのため塗ります。コストが安く、スポット加工が可能です。光沢、ツヤ消し、UV、OPニスなどがあります。 UVコート 紫外線(UV)によって硬化する樹脂を使用。速乾性があり作業効率がよいため、短期間で大量加工が可能。非常に美しいツヤが特徴です。 擬似エンボス加工のできるものもあります。 エンボス加工 印刷面に模様を型押しする加工です。高級感が演出できます。 ビニール引き 酢酸ビニールの溶液を塗ります。PP加工より安価でニス引きよりもツヤが良くでます。 浮出し 箔や色つけないで、凹凸型を使い、紙の表面にマークなどを凸型に浮き出せる加工。 箔押し 金や銀などの貴金属箔、銅やアルミなどの金属箔を表面に圧着する加工法。金属箔の変わりに、色付き(青や緑)、ホログラム状になったものもあります。 マットPP 抜きPP加工 マットPP加工をした上から、スポット的にPP加工をして、部分的に光沢感を表現できます。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です