新規ブック
1/16

中綴じ(なかとじ) 製本の方式の1つ。本を開いた状態の紙(通常1枚で4ページ分となる)を重ね、針金(ステッチ)にて止める。 週刊誌、漫画雑誌、マニュアル(取扱説明書)、会報、パンフレット、リーフレットなどでよく用いられます。 ページ数は表紙を含めて4の倍数ページ。 無線綴じ(むせんとじ) 製本の方式の1つ、紙をそろえてから、背に糊を塗布して表紙を貼り付ける。ページは表紙を含めて2の倍数ページ。 無線の名は製本の際に線(糸や針金)を使用しない事によるもの、漫画誌、文庫本、コミックなど、ページ数の多い冊子に多用されます。 上製本(ハードカバー) 硬いカバーの表紙で覆われた本のこと。小説や高級感がある方が売れる様な百科事典の様な書籍に多様されます。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です